付き合ってから、彼氏との関係を長持ちさせるために知っておきたいこと

「付き合う前は優しかったのに・・・」

あなたは、こんな経験ないですか??付き合う前と後で態度や待遇が変わってしまう彼氏…あるあるですよね(笑)付き合ってからしばらくして、彼氏が冷たく接するようになってくると「あれ、私のこと好きじゃなくなったのかな…?」なんて考えて、いてもたってもいられなくなってしまって。そしてすれ違いが原因で別れてしまうパターン・・・私も経験しましたし、結構多くの人が同じことで悩んでるみたいです。笑


こんにちは!ななちです。

さて、少し前置きを挟みましたが・・・前回に引き続き、感情(メンタル)をコントロールするのに大切なお話なんですが、今回はその中でも「恋に燃えるタイミング」の違いについて書いていきます(^^)

恋に燃えるタイミングは、男と女で全く違う

冒頭でお話した「彼氏あるある」ですが、実は恋に燃えるタイミングが男女で違うから、こういうすれ違いが起こってしまうんですよね!前回記事に書いたように、そもそも男と女は全く別の生き物だということを思い出してください。

「狩りモード」がオンになるタイミング

私は「恋に燃える」状態のことを「狩りモード」と呼んでいます。人間は本来狩猟しながら日々の食料を確保する生き物だったので、今でもその名残として、狩猟本能が発動することがあるんですよね!

恋愛でも同じように、相手に好かれたいと思って、相手のことを追いかけている状態は、狩りモードがオンになっている状態です。そして男性の場合、狩りモードは付き合う前にピークに達するのです。

一方の女性は・・・あなたも自分の経験としてすでに分かっていると思いますが、女性は狩りモードのピークが、付き合った後にくることが多いです。

付き合う前にピークがきて、付き合った後に狩りモードがオフになる彼氏と、付き合った後に狩りモードがピークになる彼女…そして彼女がその落差にがっかりしてしまうということなんですね。

「狩りモード」オフ=素の自分に戻っただけ

付き合った後、彼氏の狩りモードがオフになったところで

  • 付き合う前は優しかったのに
  • 付き合う前はマメに連絡もくれたのに
  • 付き合う前はデートでも奢ってくれたのに
  • 付き合う前は・・・

となるわけです(笑)がしかし!

これは別に、彼氏があなたのことを好きじゃなくなったとか、気持ちが冷めたということではないので安心してください!あくまで「狩りが終わって、素の自分(オフモード)に戻っただけ」ですので。笑

知っていれば歩み寄ることができる

このことを分かっていれば「男はそういうものだよね」って感情のコントロールがきくのですが、分かっていないと相手に求めてしまって喧嘩やすれ違いに発展してしまうのです。男と女は分かり合うものではなく、歩み寄るものですので、気持ちがわからなくてもその性質を知ってさえいれば、相手に歩み寄ることはできますよね!

喧嘩をしたり、感情に振り回されてメンタルが乱高下する理由が少しはわかりましたか??

このことを知らずにずっと過ちを繰り返している女子がほとんどなので、これを理解して彼氏に歩み寄ることができるようになると、他の女性との差別化が生まれてさらに愛される女子になれると思いますよ(^^)

私は26歳くらいの時にこの事実に気づいて、感情をコントロールするすべを身につけられたので、今では

  • 今まで付き合ってきた女の子より、安心できる
  • しょうもないことで大げんかにならなくて、一緒にいて楽
  • 怒られるかも、と思って言えないこともあったけど、ななちの前では思ったことを言える

と言われるようになりました!!

自分が守ってもらう、受け入れてもらう恋愛もいいとは思いますが、相手を守ってあげることもできるカッコイイ、愛され女子を目指してみませんか?ぜひ今日から意識してみてください(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です