ダメンズを引く女の条件1:「好き好き」になる

こんにちは!ななちです♡

今日は、街コンに行った記事でも話していた「ダメンズを引く女」について、詳しく掘り下げていきたいと思います。

「またダメンズを引いてしまった〜」という話をよく聞きますが、あなたはダメンズを引くものと思ってませんか?実は「ダメンズを引く」というよりは、自分自身が相手のことをダメンズにしていることが意外と多いようです。その条件を話していきましょう!

ダメンズを引く女の条件

  1. 「好き好き」になる(←今回のテーマ)
  2. NOと言えない
  3. 優しすぎる尽くしすぎる
  4. 彼の予定が全て
  5. 自信がない

「好き好き」になると重すぎる

人を好きになること。とても素晴らしいです!好きになると世界が変わりますよね!日常の全てが楽しくなったり、幸せな悩みが増えたり、楽しいですよね♡何がダメなの?と思いますよね。もちろん好きになることは素晴らしいことですし、ダメではないです♪

ただし・・・なんでも度が過ぎるとダメなのです。要は「相手より自分の想いが重すぎる」ということです。笑

四六時中時間ずーーーーっと彼氏のことを考えているという感じですかね笑

仕事中「あー今何しているんだろう」とか、LINEを送って3分ごとに「あれ??既読になってない!!何しているんだろう」とか「明後日会えるの楽しみだなぁ」とか、日常生活の9割以上、頭の中に彼氏がいる・・・みたいな状態だと、結構重いです(昔の私を見ているようです笑)

私がハタチくらいの時はLINEではなくメールだったので、よく「メール問い合わせ中」をやってました。彼氏からのメールを心待ちにして「あれ〜電波のせいかな〜」とか言いながら問い合わせボタンを10回でも20回でも押していたのを覚えています。笑

彼氏目線では、いくら好きな彼女でもラブアピールされ過ぎると疲れちゃいます。仕事で疲れている時に、ハートマークがたっぷり詰まった、読むのも大変な長文メールが送られてきたら・・・そりゃ彼氏もげんなりしますよね。笑

まとめ

好きなのは素晴らしいことですが、自分本位の恋愛にならないように、時には好きな気持ちをグッと堪えたり、感情のコントロールをしながらうまく付き合ってくださいね♡好きな人へのコミュニケーションで大切なことをまとめましょう!!二つあります♪

1.言葉にする わかって欲しい欲求は誰にでもあります。ただ、祈ってても伝わらないものは伝わらない。恥ずかしい気持ちもわかりますが「それ可愛いね」「大好き」など思った時に言葉にすることは大事ですね!
2.思いやりがある愛情表現 相手のことを考えましょう。相手に好きと思ってもらえたり、言ってもらえるのはもちろん嬉しい!だけど、タイミングは大切。人前だったり、真剣な話をしている時だったり「今じゃない」というタイミングもあるでしょう。ちょっとした気遣いができると、二人の関係もさらに良好になりますね♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です